読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」ネタバレ感想ブログ

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」ネタバレ感想ブログです。あらすじやネタバレ感想、無料試し読み情報などまとめています^^

「美醜の大地」6話ネタバレ!【担任への復讐!】

「美醜の大地」6話ネタバレ!【担任への復讐!

 

 

こんにちは!

 

漫画大好き♪

2児の母の「ゆめこ」です!

 

顔を変え、復讐のために生きる、市村ハナ。

 

次のターゲットは、自分を追い込んだゲス教師でした。

 

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」

 

ハナを泥棒扱いし、退学に追い込んだゲス教師。

 

そんな彼に、ハナの鮮やかな復讐が炸裂します!

 

この記事では、「美醜の大地〜復讐のために顔を捨てた女〜」6話「出来損ない」の内容について、少しだけネタバレしながらご紹介していきますね。

 

私が読んだのはここ

→まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

「美醜の大地」6話ネタバレ!【担任への復讐!】

 

「月刊道民」記者の取材

 

かつてハナが勤めていたカフェの常連、雑誌記者の綿貫。

 

スミ子の死後、彼は独自に、かつて起こった「殉難事件」(ハナたちが乗った船が沈没した事件)について、取材を進めていました。

 

次に綿貫が取材したのは、かつてのハナの担任。

 

名を、常岡久次と言いました。

 

常岡の家を訪ね、殉難事件について訪ねる綿貫。

 

しかし常岡は、そんな彼に、独自の教育論を語り始めます。

 

生徒は家畜

 

「ものを育てると言う行為には忍耐がいる」

 

「出来損ないをなるべく排除して、粒ぞろいの品を世に送り出すのが生産者の勤めだ」

 

「我々教師の場合、その対象は人間なのだよ」

 

生徒を「家畜」呼ばわりし、「出来損ない」を排除するのが勤め、と語る常岡。

 

その教育論に、青ざめる綿貫ですが、

 

淡々と取材を続けます。

 

しばらくして、書店に「月刊道民」の最新刊が並び、

 

常岡のインタビューも掲載されます。

 

とある書店で、それを手に取るハナ。

 

記事に載った「常岡」の名前に、氷のような表情を浮かべます。

 

醜い少女へのイジメ

 

同じ頃。

 

一人の醜い少女が、女学校を追われます。

 

「笹本さん」と呼ばれた少女は、

 

かつてのハナのように、醜い容姿のせいでいじめを受けていました。

 

さらに、無実の罪を着せられ、退学処分になった笹本。

 

泣きじゃくる彼女に、常岡は、かつてのハナにしたように、冷酷な言葉を浴びせます。

 

「早く出て行け!」

 

「ここはもうお前のいていい場所ではない!」

 

その様子を、物陰から見ていたハナ。

 

その顔に、激しい怒りの色が浮かぶのです・・・

 

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 →まんが王国

「美醜の大地」で検索してみてください^^

 

「美醜の大地」6話読んでみた感想

f:id:yumeko2016:20160924224323p:plain

 

ついに来ました、第6話!

 

次のターゲットは、元担任の常岡。

 

予想通りのクズキャラですね〜。

 

かつてハナにしたように、又しても一人の生徒を追い込み、絶望させた常岡。

 

そんな彼に、ハナの鮮やかな復讐が炸裂します!

 

これは、読んでいて爽快感が半端ないです。

 

さらに、少しずつ真相に近づく記者・綿貫や、

 

ハナを案じる菊江。

 

それぞれのキャラの背景も語られ始めて、ますますストーリーが深みを増してきました。

 

果たしてハナは、クズ教師・常岡に、どんな復讐をしたのか?

 

続きはぜひ、本編で確かめてみてくださいね!

 

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます♪

 →まんが王国

「美醜の大地」で検索してみてください^^

 

こんな記事も書いています 

 

bisyuunodaiti.hateblo.jp

 

 

bisyuunodaiti.hateblo.jp