読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」ネタバレ感想ブログ

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」ネタバレ感想ブログです。あらすじやネタバレ感想、無料試し読み情報などまとめています^^

「声なきものの唄〜瀬戸内の女郎小屋」12話「からゆきの女」ネタバレ!【最大のピンチ!東陽楼が売られる?】

「声なきものの唄〜瀬戸内の女郎小屋」12話「からゆきの女」ネタバレ!【最大のピンチ!東陽楼が売られる?】

声なきものの唄2巻

 

  こんにちは!

 

漫画大好き♪

2児の母のゆめこです^^

 

借金を返すため、遊郭に売られたチヌ。

 

遊郭一の店「東陽楼」の2番手まで上り詰め、生き別れた姉との再会を願いますが・・・

 

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~

 

3巻収録の、12話「からゆきの女」。

 

チヌが暮らす東陽楼に、最大のピンチが!?

 

 この記事では、「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~」12話「からゆきの女」を読んでみた感想を、少しだけネタバレしながらご紹介していきますね^^

 

私はここで読みました

 →まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

 

「声なきものの唄〜瀬戸内の女郎小屋〜」12話「からゆきの女」ネタバレ!

声なきものの唄2巻

 

正月の松も取れた、数日後。

 

一風変わったお客が、東陽楼を訪れます。

 

それは「吉元タカ」。

 

女のお客です。

 

遊郭にも時々訪れるという、女のお客さん。

 

しかしタカは、羽振り良くたくさんの妓(おんな)を揚げて、大宴会と洒落込みます。

 

(なんや格好ええなあ)

 

チヌも2番手として、タカの前で芸を披露しますが、

 

芸事は苦手なチヌ。

 

早速粗相をしでかしますが、タカはそんなチヌに「気に入った」と、豪気な一言。

 

そして、

 

「この東陽楼、うちが買わせてもらうわ」

 

と、言い放ちます!

 

楼主に大金を差し出し、「いくらなら売ってくれはりますの?」と迫るタカ。

 

しかし楼主は、東陽楼は売り物ではない!と一喝。

 

しかし、タカはあきらめません。

 

そんなタカを、じっと見つめる巴太夫。

 

「妙な訛りがあったな、あんお人」

 

「からゆきさん、だったかもな」

 

「からゆきさん」とは、異国に売られた女郎のこと。

 

生き別れたチヌの姉・サヨリも、流れ者に異国に売られた可能性がありました。

 

「からゆきさん」のことを知りたいと願うチヌですが、

 

その日から、東陽楼に奇妙なことが起こり始めるのです・・・

 

私はここで読みました

 →まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

「声なきものの唄〜瀬戸内の女郎小屋〜」12話「からゆきの女」読んでみた感想

f:id:yumeko2016:20160930220716p:plain

 

突然現れた「吉元タカ」と名乗る女。

 

大金を持ち、東陽楼を買いたい、と豪気な申し出をします。

 

もちろん楼主は断りますが、

 

その日から、東陽楼へ謎の嫌がらせが始まります。

 

ヤクザ者の客であふれ、店は荒れるばかり。

 

さらに店に墨をかけられ、まともに営業できなくなる始末。

 

そんな中、チヌは、生き別れた姉の情報を得るため、

 

「からゆきさん」をしていたというタカに近づきます。

 

しかしその過去は、想像を絶するものだったのです。

 

「からゆきさん」として、騙された末、異国に売られたタカ。

 

それは地獄と呼ぶにふさわしい、凄まじい過去でした。

 

わずか15歳の少女が見た地獄。

 

3巻にして、一番強烈なエピソードです。

 

・・・読むのが本当に辛かったです。

 

そんなタカが「女郎屋の主人になりたい」と願った理由とは?

 

4巻が楽しみすぎる結末です!

 

続きはぜひ、本編で確かめてみてくださいね^^

 

私はここで読みました

 →まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

 こんな記事も書いています 

 

bisyuunodaiti.hateblo.jp

 

 

 

bisyuunodaiti.hateblo.jp