読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」ネタバレ感想ブログ

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」ネタバレ感想ブログです。あらすじやネタバレ感想、無料試し読み情報などまとめています^^

「声なきものの唄」4話ネタバレ!【「弱き者たち」おもらしをする女郎。この世はむごい・・・】

「声なきものの唄」4話ネタバレ!【「弱き者たち」おもらしをする女郎。この世はむごい・・・】

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~

 

 

こんにちは!

 

漫画大好き♪

2児の母のゆめこです^^

 

東陽楼に買われて半年。

 

なんとか客もついてきたチヌ。

 

そんなチヌの前に、生き別れた姉とそっくりな娘があらわれます。

 

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~

 

4話「弱き者たち」は、姉に似た女郎と出会ったチヌと、二人の関係を描きます。

 

 この記事では、「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~」4話「弱き者たち」のあらすじと感想について、少しだけネタバレしながらご紹介していきますね^^

 

私はここで読みました

 →まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

 

「声なきものの唄〜瀬戸内の女郎小屋〜」4話「弱き者たち」ネタバレ!

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~

 

「東陽楼」で、女郎として働き始めたチヌ。

 

そんなチヌの前に、新入りの女郎があらわれます。

 

生き別れた姉に、瓜二つの娘。

 

名はフミと言いました。

 

「小蝶」と名付けられ、チヌの下につくことになったフミ。

 

姉にそっくりな、美しいフミですが、

 

性格は全く違っていました。

 

「ちいと頭がゆるい」と女衒に言われていたフミ。

 

着替えの時に騒いだり、客の前でいびきをかいたり、やりたい放題です。

 

さらになんと、最初に客を取った日、フミはおねしょをしてしまうのです。

 

罰として、厳しい折檻を受けるフミ。

 

しかしおねしょグセは治らず、さらに同僚がしまっておいたお菓子を盗み食いしていることもわかります。

 

縛られ、さらに激しい折檻を受けるフミ。

 

実はフミはおねしょをするのには、深い理由がありました。

 

小さな頃から、男に体を売って、暮らしてきたフミ。

 

彼女にとっておねしょは、嫌な男から自分を守る術の一つだったのです。

 

(この世はむごいの)

 

ついに、最後の折檻、「おちょろ舟」に乗せられることになったフミ。

 

「おちょろ舟」とは、夜中の海に舟を出し、

 

沖に留まる船員たちに売り込む仕事。

 

どんな目にあっても、一晩中逃げることはできません。

 

それを知ったチヌはなんと、

 

フミを守るため、自分も「おちょろ舟」に乗ることを決意するのです・・・

 

私はここで読みました

 →まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

「声なきものの唄〜瀬戸内の女郎小屋〜」4話読んでみた感想

f:id:yumeko2016:20160930220716p:plain

 

幼い頃から食べ物をもらうため、

 

男に体を売ってきたフミ。

 

その悲惨さは、想像を絶するものでした。

 

頭が弱く、仕事中におもらしをするのも、全ては自分を守るため。

 

それを知ったチヌは、フミを守るため、自分が身代わりとなり「おちょろ舟」に乗ることを決めるのです。

 

頭は弱いけど、美しいフミ。

 

彼女への嫉妬も見せつつ、それでも献身的に支えようとするチヌの姿は、本当に感動的です。

 

しかし、「おちょろ舟」でチヌを待っていたのは、飢えた男たち。

 

果たしてチヌは、無事に陸へ帰れるのでしょうか?

 

この4話が、1巻の中で一番凄い話です。

 

結末はぜひ、ご自身の目で確かめてみてくださいね。

 

本当に、スゴイ話でした・・・!

 

私はここで読みました

 →まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

 こんな記事も書いています 

bisyuunodaiti.hateblo.jp

 

bisyuunodaiti.hateblo.jp