読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」ネタバレ感想ブログ

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」ネタバレ感想ブログです。あらすじやネタバレ感想、無料試し読み情報などまとめています^^

「声なきものの唄」2話ネタバレ!【「女郎の母性」労咳にかかった女郎の悲惨な結末】

「声なきものの唄」あらすじ 「声なきものの唄」ネタバレ 「声なきものの唄」無料試し読み

「声なきものの唄」2話ネタバレ!【「女郎の母性」労咳にかかった女郎の悲惨な結末】

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~

 

 

こんにちは!

 

漫画大好き♪

2児の母のゆめこです^^

 

借金のかたに、遊郭に売られた漁師の姉妹。

 

妹のチヌが売られたのは、下層の遊郭「須賀屋」でした。

 

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~

 

2話「女郎の母性」は、チヌの先輩女郎・小梅は中心となる話です。

 

 この記事では、「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~」2話「女郎の母性」のあらすじと感想について、少しだけネタバレしながらご紹介していきますね^^

 

私はここで読みました

 →まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

 

「声なきものの唄〜瀬戸内の女郎小屋〜」2話「女郎の母性」ネタバレ!

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~

 

最下層の遊郭「須賀屋」に売られたチヌ。

 

女郎として店に出られるのは、16歳になってから。

 

しかし、下女として働いていたチヌを見初めた客の頼みで、女将は年をごまかし、まだ15だったチヌを店に出してしまいます。

 

女郎の仕事に絶望し、海に身投げをはかるチヌ。

 

しかし、偶然釣りに出ていた「若様」に助けられ、一命を取り止めます。

 

「若様」は、矢津遊郭を牛耳る若水家の若き当主。

 

若様に気に入られたことで、チヌの「足抜け」は不問になります。

 

須賀屋には、チヌの他に、二人の遊女が働いていました。

 

その中の一人、小梅は、故郷に幼い子供を残し、売られてきていたのです。

 

女将の子供を子守するチヌを、笑顔で手助けする小梅。

 

その横顔は、母としての優しさにあふれていました。

 

(会いとうやろなァ、子供たちに・・・)

 

小梅の境遇に、思いをはせるチヌ。

 

しかし小梅は、最近少し、痩せてきていました。

 

誰もいないところで、一人咳き込む小梅。

 

その口元には、吐血の跡があったのです・・・

 

私はここで読みました

 →まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

「声なきものの唄〜瀬戸内の女郎小屋〜」2話読んでみた感想

f:id:yumeko2016:20160929195810p:plain

 

幼い子供達を残し、身売りした小梅。

 

亭主は木こりでしたが、事故で亡くなり、

 

子の病気もあり、薬代もかさみ、年季がのびて、もう8年。

 

貧しい村の人々にとって、女の身売りは、最後の頼みの綱でもあったのです。

 

そんな小梅が、病に倒れてしまいます。

 

必死に看病するチヌですが、満足な食事も与えられず、小梅はどんどん弱っていきます。

 

小梅の病は、「労咳」。

 

今でいう結核でした。

 

当時は不治の病だった、結核

 

感染力の高い子の病、かかった女郎は、どんな結末を迎えるのか?

 

・・・涙なしには読めない話です。

 

当時の女郎の扱いの酷さと、

 

貧しいということの、とてつもない悲しさ。

 

胸に迫るエピソードでした。

 

私はここで読みました

 →まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

 こんな記事も書いています

bisyuunodaiti.hateblo.jp

 

bisyuunodaiti.hateblo.jp