読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」ネタバレ感想ブログ

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」ネタバレ感想ブログです。あらすじやネタバレ感想、無料試し読み情報などまとめています^^

「声なきものの唄」1話ネタバレ!【女の競り市。姉と引き離されるチヌ】

「声なきものの唄」あらすじ 「声なきものの唄」ネタバレ 「声なきものの唄」無料試し読み

「声なきものの唄」1話ネタバレ!【女の競り市】

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~

 

 

こんにちは!

 

漫画大好き♪

2児の母のゆめこです^^

 

借金のかたに、遊郭に売られた漁師の姉妹。

 

連れてこられた先は、「女の競り市」でした。

 

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~

 

遊郭に売られた姉妹の、壮絶な半生を描きます。

 

 

この記事では、「声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~」1話「女の競り市」のあらすじと感想について、少しだけネタバレしながらご紹介していきますね^^

 

私はここで読みました

 →まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

 

「声なきものの唄〜瀬戸内の女郎小屋〜」1話「女の競り市」ネタバレ!

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~

 

両親を亡くし、残された借金を返すため、遊郭に売られた姉妹。 

 

姉のサヨリは17歳。 

 

そして妹のチヌは、まだ14歳でした。 

 

人買いに連れてこられた先は、矢津遊郭。 

 

そこで姉妹は、「競り」にかけられます。

 

 美しい姉は、流れ者の瀬島という男に目をつけられ、 300円(今でいう300万円)という高値で買われます。 

 

そのまま、瀬島に連れられ、競り場を出される姉。 

 

妹のチヌは、大好きな姉と離れたくない一心で必死に食らいつきますが、 瀬島に突き飛ばされ、そのまま気絶してしまいます。 

 

目覚めた時、チヌはひとりぼっち。 

 

目の前に座っていた男に、チヌは自分が買ったこと。

 

 競りは終わり、姉の行方はわからないこと。

 

 残酷な事実を知らされます。 

 

(姉やんに、さいならも言われんかった・・・?)

 

 姉と引き離された悲しみに、泣きじゃくるチヌ。 

 

その後、チヌが連れてこられた先は、 「須賀屋」という遊郭

 

 しかし、遊女として店に出られるのは、16歳になってから。

 

 14歳のチヌは、下女として働くことになります。 

 

貧相ななりのチヌに、女将は冷たく当たりますが、 温厚な旦那の支えもあり、チヌはなんとか勤め上げていました。 

 

しかし、チヌが15になったとき。

 

 一人の客が、下女とし働いていたチヌに目をつけます。

 

 それを知った女将は、歳をごまかし、チヌに客を取らせることに。 

 

(恐ろしか)

 

 (ひとりっきりで) 

 

(どうすりゃええんか)

 

 着物を着せられ、一人座敷で震えるチヌ。 

 

そこに入ってきたのは、見知らぬ男。 

 

「おお、この腰じゃ、ピチピチしとる」 

 

「正真正銘の初物じゃったとは、ツイとるわ」

 

 恐怖のあまり逃げ出そうとするチヌですが、

 

 廊下で旦那に殴り飛ばされ、 そのまま客の思うままにされてしまうのです・・・

 

私はここで読みました

 →まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

「声なきものの唄〜瀬戸内の女郎小屋〜」1話読んでみた感想

f:id:yumeko2016:20160929195810p:plain

 

売られてすぐ、最愛の姉と引き離されるチヌ。

 

その日から、チヌの地獄のような日々が始まります。

 

下層の遊郭に売られ、下女としてこき使われる日々。

 

さらに、初物好きな客に見初められ、強引に初見世をすることに。

 

その行為は、チヌに苦痛しか与えませんでした。

 

遊女の仕事の意味を知り、絶望するチヌ。

 

そのまま海に身を投げ、自害しようとするのですが・・・

 

貧しい漁村に生まれた姉妹の、過酷な運命。

 

だけど生きていれば、いつかきっと姉に会える!

 

そう信じ、ひたすら耐えるチヌ。

 

どんな目にあっても、清らかな心を失わないチヌ。

 

その姿に、救われる思いです。

 

しかし2話以降も、チヌには様々な試練が訪れます。

 

地獄のような日々の中、チヌがたどり着いた場所とは?

 

キツイ描写も多いですが、とても感動的な作品です。

 

続きはぜひ、本編で確かめてみてくださいね^^

 

私はここで読みました

 →まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

こんな記事も書いています

bisyuunodaiti.hateblo.jp

 

bisyuunodaiti.hateblo.jp