読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」ネタバレ感想ブログ

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」ネタバレ感想ブログです。あらすじやネタバレ感想、無料試し読み情報などまとめています^^

「美醜の大地」イジメの首謀者・絢子がヤバい!残酷すぎる性格とは?【このラスボス、絶対ヤバい!】

「美醜の大地」あらすじ 「美醜の大地」ネタバレ 「美醜の大地」無料試し読み 「美醜の大地」絢子ネタバレ

「美醜の大地」イジメの首謀者・絢子がヤバい!残酷すぎる性格とは?【このラスボス、絶対ヤバい!

 

 

こんにちは!

 

漫画大好き♪

2児の母の「ゆめこ」です!

 

昭和20年。樺太

 

醜い容姿のため、壮絶ないじめにあっていた主人公・ハナ。

 

すべてを失ったハナは、顔を変え、かつて自分をいじめた同級生たちに復讐することを誓います。

 

そんな、苛烈な女の復讐劇。

 

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」

 

現在1巻が配信中なのですが、この1冊の中で、ハナはかつての同級生たちを次々に血祭りにあげていきます。

 

そんな中、一人異彩を放つのが「絢子」というキャラ。

 

絢子は、ハナをいじめたグループのリーダー的存在でした。

 

この記事では、「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」に登場する「絢子」というキャラクターについて、少しだけネタバレしながらご紹介していきますね。

 

私が読んだのはここ

→まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」イジメの首謀者・絢子がヤバい!残酷すぎる性格とは?

 

 

かつてハナをいじめた、女学校のイジメグループ。

 

そのリーダー格の生徒が「絢子」でした。

 

絢子は当時、樺太で最も大きな製紙会社を経営する一族の令嬢でした。

 

美しく、成績優秀。

 

しかしその性格は、冷酷極まりないものでした。

 

ハナに対するいじめの指示役として、同級生たちをまとめ、

 

自分の手を汚すことなく、ハナにさまざまな苦痛を与えます。

 

ミミズを入れた弁当を食べさせたり、

 

醜い男たちに恋文を送らせ、ハナを辱めようとしたり。

 

挙句の果てに、泥棒の汚名を着せ、ハナを退学に追い込みます。

 

そして戦争は終わり、樺太は戦場になります。

 

命からがら逃げ出し、母と幼い弟とともに、北海道への引き揚げ船に乗りこんだハナ。

 

しかしそこには、絢子たちイジメグループが居合わせていました。

 

「泥棒が乗ってきたわ」

 

ハナを指さし、冷酷な言葉を放つ絢子。

 

それに乗じ、他の女生徒達は一斉に、ハナを「泥棒」とののしります。

 

無表情で、その様子を見つめる絢子。

 

ハナ一家は船を追い出され、翌日ようやく着いた次の船に乗り込みます。

 

しかし、その船はソ連軍の攻撃を受け、沈没。

 

ハナの母と幼い弟は、そのせいで亡くなります。

 

後日、ハナが乗った船が沈んだことを知る同級生たち。

 

「ハナが死んだのは、自分たちのせいでは?」と怯える同級生たち。

 

しかし絢子は、たった一言、

 

「そう」

 

と言っただけ。

 

ハナの死など、絢子にとってはどうでもいいことだったのです。

 

その後、絢子は白井グループの御曹司と婚約。

 

大財閥の主の、妻の座を手に入れます。

 

しかし夫の白井は、異常な性癖の持ち主でした。

 

女をいたぶることが何より好きな、生粋のサディスト。

 

しかし絢子は、かつての同級生を「人形」として夫に与えることで、その牙が自分に向かうことを避けることに成功します。

 

毎晩、夫にいたぶられる、かつての級友。

 

しかしその姿を見ても、絢子は無表情のまま。

 

感情のない、冷酷な女性です。

 

やがて夫は「人形」にも飽き、妻である絢子に、自分の相手をするよう命じてくるのですが・・・

 

頭の切れる、冷酷な令嬢・絢子。

 

果たしてハナは、絢子を地獄に落とすことができるのでしょうか?

 

他の同級生とは明らかに違う、とんでもないラスボス感です。

 

復讐の結末はぜひ、あなた自身の目で確かめてみてくださいね。

 

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 →まんが王国

「美醜の大地」で検索してみてください^^

 

こんな記事も書いています

 

bisyuunodaiti.hateblo.jp

 

 

bisyuunodaiti.hateblo.jp