読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」ネタバレ感想ブログ

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」ネタバレ感想ブログです。あらすじやネタバレ感想、無料試し読み情報などまとめています^^

「ストーリーな女たち ブラック Vol.1」を最速で読むなら!【オススメはここ♪】

「ストーリーな女たち ブラック Vol.1」を最速で読むなら!【オススメはここ♪】

 ストーリーな女たち ブラック  Vol.1

 

こんにちは!

 

漫画大好き♪

2児の母の「ゆめこ」です!

 

ヒロインは、醜いデブス。

 

性格も最悪なクズ女が、もし大金を手にしたら?

 

「ストーリーな女たち ブラック Vol.1」

 

人気レディコミ雑誌「ストーリーな女たち」の姉妹雑誌です。

 

とんでもなく悲惨で、暗い話が並んでいます。

 

だけどこの「ストーリーな女たち ブラック Vol.1」って、どこで読めるの?

 

無料で試し読みってできる?

 

この記事では、「ストーリーな女たち ブラック Vol.1」を無料で試し読みする方法と、オススメのサイトについて、私の経験も交えながらご紹介していきますね。

 

私が読んだのはここ

→まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

 

「ストーリーな女たち ブラック Vol.1」を最速で読むなら!【オススメはここ♪】

ストーリーな女たち ブラック  Vol.1

 

「ブスが7億円もらったら」の続編が収録されています。

 

今回のヒロインは、とんでもないデブス

 

前作のヒロインと違い、性格も最悪

 

 

そんなクズ女が、7億円という大金を手にしたら?

 

「虐げられた女」をテーマに、ショッキングな作品が並んでいます。

 

「ストーリーな女たち ブラック Vol.1」

 

気にる方も多いと思いますが、この雑誌、

 

現在「まんが王国」のみで先行配信されています。

 

この記事を書いている今、これが読めるのは「まんが王国」だけ。

 

アマゾンとかだと売ってないんです。

 

びっくりしちゃいますよね〜!

 

「まんが王国」はスマホ専用サイトなんですが、画質も良くてサクサク読めるし、レイアウトも見やすので、私も愛用しています。

 

というか、ここが一番つかってるかな。

 

「まんが王国」は、女性向けの漫画がとても豊富なんです。

 

レディコミの品揃えもスゴいです。

 

それに、ほとんど全ての漫画が無料で試し読みできるので、安心して購入できます。

 

スマホで漫画、使ってみると便利ですよ^^

 

いつでもどこでも読めるし、紙の本と違ってかさばらないし♪

 

家族とかに見られる心配も少ないので、こういう過激な漫画も、安心して読むことができます。

 

で、気になる料金ですが。

 

「まんが王国」は月額制です。

 

料金はひと月300円(税抜き)からと、意外とリーズナブル。

 

支払いも携帯料金と一緒にできるので、手続きも簡単です。

 

この「ストーリーな女たち ブラック Vol.1」は1冊600円なので、月500円のコースで登録するのが一番お得かな?

 

これだと100円分のボーナスが付くので、500円の支払いで、600円分の漫画を購入することができます。

 

もちろん一番安いコースにしておいて、後からポイント追加しても大丈夫!

 

この辺は、お好みで選んでみてくださいね^^

 

ここは退会も簡単ですし、信用できるサイトです。

 

毎日いろんな漫画を試し読みしていると、新しい出会いがあって楽しいですよ♪

 

とはいえ、いきなり買うのは大変なので、まずは無料の試し読みから!

 

ぜひ使ってみてくださいね^^

 

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 →まんが王国

「ストーリーな女たち ブラック」で検索してみてください^^

 

こんな記事も書いています

 

bisyuunodaiti.hateblo.jp

 

 

bisyuunodaiti.hateblo.jp

 

 

bisyuunodaiti.hateblo.jp

 

 

「ストーリーな女たち ブラック Vol.1」ネタバレ【虐げられるクズ女の末路が最悪すぎる!】

「ストーリーな女たち ブラック Vol.1」ネタバレ【虐げられるクズ女の末路が最悪すぎる!】

 ストーリーな女たち ブラック  Vol.1

 

こんにちは!

 

漫画大好き♪

2児の母の「ゆめこ」です!

 

虐げられるクズ女の末路が悲惨すぎて、まさに。

 

最悪な結末でした・・・

 

「ストーリーな女たち ブラック Vol.1」

 

人気レディコミ雑誌「ストーリーな女たち」の姉妹雑誌です。

 

さらに悲惨で、さらに暗い話が並んでいます。

 

この記事では、「ストーリーな女たち ブラック Vol.1」の内容について、少しだけネタバレしながらご紹介していきますね。

 

私が読んだのはここ

→まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

 

「ストーリーな女たち ブラック Vol.1」ネタバレ【虐げられるクズ女の末路が最悪すぎる!】

ストーリーな女たち ブラック  Vol.1

 

衝撃の展開で人気の作品「ブスが7億円もらったら」。

 

ついに続編が登場です!

 

今回のヒロインは、とんでもないデブス

 

前作のヒロインと違い、性格も最悪です。

 

好きな男に貢ぐため、風俗で働き始めた彼女。

 

しかしお金が間に合わず、ついに彼女は客の金に手をつけてしまいます。

 

そんな彼女をみていた、謎の黒い影。

 

やがてその人物から、大金を渡されたデブスヒロインは、

 

その金を使い、人生大逆転を狙うのですが・・・。

 

他、わずか10歳で全ての大人に絶望し、たった一人でサバイバル生活を送る少女、

 

全てに恵まれ女性が、原因不明の病で太り続ける話など、

 

「虐げられた女」をテーマに、悲惨な話が並びます。

 

クズ女の末路は、どれも悲惨なものでした・・・。

  

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 →まんが王国

「ストーリーな女たち ブラック」で検索してみてください^^

 

「ストーリーな女たち ブラック Vol.1」読んでみた感想

f:id:yumeko2016:20160930220716p:plain

 

 

あの「ストーリーな女たち」の姉妹雑誌という事で、恐る恐る読んでみたんですが。

 

凄まじい内容でした。

 

今までとはインパクトが違います。

 

ヒロインのクズ度もハンパない!

 

性格悪すぎて、ほんと気持ち悪いです・・・(涙)

 

かなりショッキングな内容なので、読むときはくれぐれもご注意くださいね。

 

この「ストーリーな女たち ブラック Vol.1」は、まんが王国のみで先行配信されています。

 

この記事を書いている現在「ストーリーな女たち ブラック Vol.1」が読めるのは「まんが王国」だけです。

 

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできるので、気になる方は、ここから見てみてくださいね^^

 

 

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます♪

 →まんが王国

「ストーリーな女たち ブラック」で検索してみてください^^

 

 

こんな記事も書いています

 

bisyuunodaiti.hateblo.jp

 

 

bisyuunodaiti.hateblo.jp

 

 

「娘を売る街〜昭和の赤線」4話ネタバレ「指切りげんまん」【昭和の赤線。吉原の最期】

「娘を売る街〜昭和の赤線」4話ネタバレ「指切りげんまん」【昭和の赤線。吉原の最期】

 

 

こんにちは!

 

漫画大好き♪

2児の母の「ゆめこ」です!

 

昭和31年、いわゆる「赤線地帯」。

 

法律で売春が禁止され、吉原も最期を迎えます。

 

戦後、激動の時代を生きた、一人の女の運命とは?

 

安武わたる「娘を売る街〜昭和の赤線・吉原」

 

この記事では、「娘を売る街〜昭和の赤線・吉原」4話目に収録されている「指切りげんまん」の内容について、少しだけネタバレしながらご紹介していきますね。

 

私が読んだのはここ

→まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

 

「娘を売る街〜昭和の赤線」4話ネタバレ「指切りげんまん」【昭和の赤線。吉原の最期】

 

女給・藤江

 

昭和31年。

 

公娼制度禁止令」により、遊郭は禁止。

 

女たちは「カフェー」で働く「女給」という身分になりました。

 

そこで働く、藤江という女。

 

器量が悪いが、サービスは抜群。

 

稼ぎもよく、他の女給たちに金を貸す景気の良さでした。

 

行雄との出会い

 

しかしその年の5月、「売春禁止法」が施行され、吉原が消えることが確定。

 

しかし藤江は、ここがある限り稼ぎ続け、いつか自分の店を持つ夢を持っていました。

 

いつものように店の前にたち、客に声をかけようとした藤江。

 

その時、彼女の背中に、一人の若い男が倒れかかってきます。

 

男の名は、池田行雄。

 

行雄はそのまま、店の下働きとして、住み込みで働くことになります。

 

端正な顔立ちだけど、影のある行雄。

 

そんな彼に、藤江はどんどん惹かれていきます。

 

惹かれ合う二人

 

(まさかこのあたしが、男に惚れるなんて)

 

行雄に恋していることを、自覚した藤江。

 

やがて二人は、男女の関係になります。

 

店の外で逢引し、抱き合うようになった二人。

 

しかし行雄は、度々ひどくうなされます。

 

(この人が何を抱えているのかわからない)

 

悩む藤江ですが、もうすぐ吉原は消える。

 

その時は、行雄と二人・・・と夢見ますが、

 

ある日、行雄の前に、彼の妻と名乗る女性が現れるのです・・・

 

 

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 →まんが王国

「娘を売る街」で検索してみてください^^

 

「指切りげんまん」読んでみた感想

f:id:yumeko2016:20160929195810p:plain

 

 

「吉原」の火が消える直前の、昭和31年。

 

ラストを飾る短編にふさわしい作品です。

 

容姿は悪いが、きっぷもよく、とても優しい藤江。

 

戦争で家族を亡くした彼女は、自分の体一つで、必死に生きてきました。

 

そんな藤江が恋した、陰のある男・池田行雄。

 

彼もまた、大切な人を亡くした過去があったのです。

 

最後、行雄への誓いに、藤江はある贈り物をします。

 

昔の女郎に習った、吉原ならではの贈り物なんですが・・・

 

余韻溢れる、涙なしには読めない短編です。

 

決して幸せな結末とは言えませんが、藤江の強さと優しさがとても感じられる、素晴らしいラストでした。

 

いや〜、読んで良かった!

 

吉原の歴史もたどることができる、本当に読み応えのある内容でした。

 

読んで損はありません。

 

詳しい内容は是非、お手にとって確かめてみてくださいね。

  

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます♪

 →まんが王国

「娘を売る街」で検索してみてください^^

 

 

こんな記事も書いています

 

bisyuunodaiti.hateblo.jp

bisyuunodaiti.hateblo.jp

 

 

「娘を売る街〜昭和の赤線」3話ネタバレ「吉原投げ込み寺」【女郎の娘】

「娘を売る街〜昭和の赤線」3話ネタバレ「吉原投げ込み寺」【女郎の娘】

 

 

こんにちは!

 

漫画大好き♪

2児の母の「ゆめこ」です!

 

吉原女郎の娘として生まれた「おゆう」。

 

養い親の死により、吉原に戻されたおゆうの、その後の運命とは?

 

安武わたる「娘を売る街〜昭和の赤線・吉原」

 

この記事では、「娘を売る街〜昭和の赤線・吉原」3話目に収録されている「吉原・投げ込み寺」の内容について、少しだけネタバレしながらご紹介していきますね。

 

私が読んだのはここ

→まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

 

「娘を売る街〜昭和の赤線」3話ネタバレ「吉原投げ込み寺」【女郎の娘】

 

顔のアザ

 

江戸・吉原。

 

吉原女郎の娘として生まれた「おゆう」は、養い親の死により、生まれた店へ戻されます。

 

顔に大きなアザがあるため、女郎として店に出ることはできないおゆう。

 

下働きとして、店で働くことになります。

 

「アザが惜しい」という理由で「おしい」と呼ばれるようになったおゆう。

 

勝気な性格のおゆうですが、そんな彼女を、悲劇が襲います。

 

客に無理やり・・・

 

いつものように、店で働いていたおゆう。

 

その時、部屋の襖が開き、泥酔した客が怒鳴り声をあげます。

 

「ええい、女はどうした!」

 

「高ェ金払わせて、すっぽかしかよ!?」

 

ちょうどその時、部屋の近くを通りかかったおゆう。

 

客はおゆうを捕まえて、部屋の中に引きずり込みます。

 

そのまま、男に乱暴されるおゆう。

 

幸い、店のものに助けられますが、すでに手遅れ。

 

おゆうは、男の慰みものにされていました。

 

花魁の優しさ

 

その日から、まともに食事も取れなくなったおゆう。

 

ちょうどその頃、店の一番手である「綾衣花魁」が、店の寮で静養することになります。

 

子供を身ごもった花魁。

 

彼女の身の回りの世話をするため、おゆうも同行することになります。

 

寮では、花魁と二人きり。

 

「ここなら、わっちとぬししかおりんせん」

 

「ゆっくり、たっぷり食べなんし」

 

花魁の優しい言葉に、おゆうは泣き出してしまいます。

 

「・・・つらいものでありんすなあ」

 

「女というものは・・・」

 

花魁の腕の中で、声を上げて泣きじゃくるおゆう。

 

その後、おゆうは、

 

花魁の口から、おゆうの産みの母について、衝撃の真実を知ることになるのです。

 

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 →まんが王国

「娘を売る街」で検索してみてください^^

 

「吉原投げ込み寺」読んでみた感想

f:id:yumeko2016:20160929195810p:plain

 

顔にあざのついた、主人公のおゆう。

 

彼女の産みの母は、ほかならぬ吉原の女郎でした。

 

養い親の死により、吉原に戻されたおゆう。

 

そこで見たのは、この世の地獄。

 

しかし、店の花魁は、なぜかおゆうにとても優しくしてくれます。

 

そこには、深い理由があるのですが・・・

 

花魁の言葉遣いや、吉原の慣習など、時代背景がとてもよく描かれています。

 

花魁の美しさに、読んでいるこちらも引き込まれそう。

 

トーリーはかなり衝撃的ですが、ラストは希望が持てるものになっています。

 

おゆうの強さと、花魁の悲しさ。

 

どちらもとても、美しいと思いました。

 

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます♪

 →まんが王国

「娘を売る街」で検索してみてください^^

 

 

こんな記事も書いています

 

bisyuunodaiti.hateblo.jp

bisyuunodaiti.hateblo.jp

 

 

「娘を売る街〜昭和の赤線」2話ネタバレ「おちょろ舟」【義理の兄に恋して】

「娘を売る街〜昭和の赤線」2話ネタバレ「おちょろ舟」【義理の兄に恋して】

 

 

こんにちは!

 

漫画大好き♪

2児の母の「ゆめこ」です!

 

貧しい家に生まれ、体を売って生きるしかなかった女たち。

 

彼女たちの悲哀を、情感たっぷりに描きます。

 

安武わたる「娘を売る街〜昭和の赤線・吉原」

 

全部で、4本の短編が収録されています。

 

この記事では、「娘を売る街〜昭和の赤線・吉原」2話目「おちょろ舟」の内容について、少しだけネタバレしながらご紹介していきますね。

 

私が読んだのはここ

→まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

 

「娘を売る街〜昭和の赤線」2話ネタバレ「おちょろ舟」【義理の兄に恋して】

 

捨て子

 

明治末期。

 

瀬戸内の、貧しい小島。

 

そこで暮らす「おセイ」は、藪の中に捨てられていたところを拾われた子。

 

貧しい漁師の家に拾われたおセイは、両親と祖母、そして優しい兄の松吉と、ささやかながら幸せに暮らしていました。

 

しかしある日、嵐に飲まれ、父の船が転覆。

 

間一髪、松吉は助かりますが、父は帰らぬ人となってしまいます。

 

事故がきっかけで、海を恐れるようになってしまった松吉。

 

海に出るものがいなくなったことで、おせいの家は困窮。

 

食べるものにも困るようになります。

 

義理の兄との関係・・・

 

小さい頃から、「松兄ィ」のことが大好きだったおセイ。

 

成長し、17になったおセイにとって、兄は恋人のような存在でした。

 

海に出られなくなった兄を励まそうと、おセイは、自分の全てを兄にゆだねます。

 

「温(ぬく)かろう?松兄ィ」

 

「うちを、好きにしてええんよ」

 

兄と、男女の関係になるおセイ。

 

同時に彼女は、「おちょろ舟」に乗る覚悟を決めます。

 

「おちょろ舟」

 

「おちょろ舟」とは、夜、沖に停泊している舟を訪れ、

 

男たちに体を売る仕事です。

 

おセイたちのような、貧しい漁村の女たちが、「モグリ」として女郎のふりをして、おちょろ舟に乗る。

 

貧しい村にとって、「おちょろ舟」の現金収入は貴重なものでした。

 

海に出られなくなった兄のため、寝付いてしまった母のため、

 

夜毎、体を売るおセイ。

 

それは、言葉にできないくらい厳しい仕事でした。

 

家族のため、おセイは死に物狂いで「おちょろ舟」に乗り続けます。

 

しかしそのことが、男女の関係になった兄・松吉との間に、

 

埋めることができない溝を作ってしまうのです・・・

 

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 →まんが王国

「娘を売る街」で検索してみてください^^

 

「おちょろ舟」読んでみた感想

f:id:yumeko2016:20160929195810p:plain

 

明治末期の、貧しい漁村。

 

家族のため「おちょろ舟」に乗るおセイ。

 

しかし彼女の想いは、身勝手な人々により、無残に踏みにじられてしまいます。

 

長編「声なきものの唄」にも繋がるようなストーリー。

 

当時の漁村の厳しさや、女たちの悲しみが伝わってきます。

 

ラストは悲しいですが、希望を感じさせる結末となっています。

 

余韻の残る、とてもいいストーリーでした。

 

さすが安武先生、という感じ!

 

詳しい内容は、ぜひお手にとって確かめてみてくださいね。

 

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます♪

 →まんが王国

「娘を売る街」で検索してみてください^^

 

 

こんな記事も書いています

 

bisyuunodaiti.hateblo.jp

bisyuunodaiti.hateblo.jp

 

 

「娘を売る街〜昭和の赤線」を最速で読むなら!【無料試し読みもこちらから♪】

「娘を売る街〜昭和の赤線」を最速で読むなら!【無料試し読みもこちらから♪】

 

 

こんにちは!

 

漫画大好き♪

2児の母の「ゆめこ」です!

 

父を殺され、吉原に売られた武家の娘。

 

復讐に生きる女郎の姿を、悲哀たっぷりに描いています。

 

安武わたる「娘を売る街〜昭和の赤線・吉原」

 

「声なきものの唄」で人気の、安武わたる先生の短編集。

 

どれも読み応えのある、素晴らしい内容です。

 

だけど、この「娘を売る街」、一体どこで読めるの?

 

無料で試し読みもしたいんだけど・・・?

 

この記事では、そんな疑問に、私の経験を交えながらお答えしていきますね^^

 

私が読んだのはここ

→まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

「娘を売る街〜昭和の赤線」を最速で読むなら!【無料試し読みもこちらから♪】

 

江戸の吉原に、昭和の赤線地帯。

 

体を売って生きるしかなかった、女たちの悲哀を情感たっぷりに描きます。

 

安武わたる「娘を売る街〜昭和の赤線・吉原〜」

 

さすがは名手・安武先生!

 

どれも読み応えのある、素晴らしい内容です。

 

だけどこの「娘を売る街」、電子コミックで配信されているところって、あんまりないですよね?

 

それもそのはず、この「娘を売る街」、

 

「まんが王国」だけの先行配信作品なんです!

 

なので、この記事を書いている現在、「娘を売る街」が読めるのは「まんが王国」だけです。

 

ここはスマホ専用サイトなんですが、画質もいいし、女性向け漫画がとても豊富です。

 

特に、安武先生の漫画はとてもたくさん揃っています。

 

たぶん、ここが一番だと思う。

 

サイト自体もとても使いやすいですし、画質も良くてサクサク読めますよ^^

 

私も漫画が好きなので、いろんなサイトを使っているんですが、正直ここが一番使いやすいです。

 

で、気になる料金ですが。

 

「まんが王国」は月額制です。

 

料金はひと月300円(税抜き)からと、意外とリーズナブル。

 

支払いも携帯料金と一緒にできるので、手続きもとても簡単です。

 

スマホで漫画、使ってみると便利ですよ〜!

 

いつでもどこでも読めるし、すごくいい息抜きになります♪

 

「娘を売る街」は、かなりキツイ描写も多いので、こっそり読めるスマホはとても便利です。

 

家族とかにみられる心配もないしね(笑)

 

とはいえ、いきなり買うのは大変なので、まずは無料の試し読みから♪

 

ここは会員登録なしでも無料で試し読みできるので、一度見てみてくださいね^^

 

無料でも結構じっくり読めるので、いろんな出会いがあって楽しいですよ〜!

 

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます♪

 →まんが王国

「娘を売る街」で検索してみてください^^

 

こんな記事も書いています

 

bisyuunodaiti.hateblo.jp

 

 

bisyuunodaiti.hateblo.jp

 

 

 

 

「娘を売る街〜昭和の赤線」結末ネタバレ!【復讐の結末は?】

「娘を売る街〜昭和の赤線」結末ネタバレ!【復讐の結末は?】

 

 

こんにちは!

 

漫画大好き♪

2児の母の「ゆめこ」です!

 

父を殺され、吉原に売られた武家の娘。

 

安武わたる「娘を売る街〜昭和の赤線・吉原」

 

父を殺した男への復讐を誓い、吉原でのし上がる加恵。

 

果たして、復讐の結末とは?

 

この記事では、「娘を売る街〜昭和の赤線・吉原」の結末について、少しだけネタバレしながらご紹介していきますね。

 

私が読んだのはここ

→まんが王国

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 

 

*この先結末ネタバレ含みます!*

*未読の方はご注意ください!*

 

 

「娘を売る街〜昭和の赤線」結末ネタバレ!【復讐の結末は?】

 

「鳴きの香玉」

 

復讐を決意し、吉原で生き抜くことを決めた加恵。

 

その高い教養と、床上手な腕前で、瞬く間にのし上がります。

 

通り名は「鳴きの香玉」。

 

何より、「声」が絶品と評判でした。

 

下っ端の店から、仲見世の部屋持ちに出世した加恵。

 

そんな加恵が、偶然出会った武家の青年。

 

野良犬に襲われた加恵を助けた、生真面目な若者。

 

彼こそ、父の仇である「松坂」の一人息子でした。

 

勇之進との出会い

 

息子の名は、勇之進。

 

加恵にのめり込んだ勇之進は、足繁く店に通います。

 

そしてついに、加恵を身請けしたいと言い出す勇之進。

 

そんな彼を諌める加恵ですが、純粋な彼はいうことを聞きません。

 

「ま、おっつけ親に止められるだろうが」

 

「それまでせいぜい巻き上げるがいいさ」

 

楼主の言葉に、黙り込む加恵。

 

部屋に戻り、荒れる加恵ですが、

 

そんな彼女の元に「お武家様」の客が訪れます。

 

ついにその時が!

 

頭巾をかぶった、謎の客の正体。

 

なんと彼こそ、父の仇であるあの「松坂」でした。

 

「いつか必ず現れると待ちわびておったぞ!」

 

小刀を抜き、松坂に斬りかかる加恵。

 

しかし、武家である松坂に敵うはずもなく、そのまま押さえ込まれてしまいます。

 

「意趣返しに、息子を利用したのが許せぬ」

 

「勇之進の前から消え失せてしまえっ!」

 

松坂に首を締められ、苦しむ加恵。

 

次の瞬間、

 

「父上!」

 

加恵の部屋に、勇之進が飛び込んできます。

 

勢い余った勇之進は、携えていた小刀を父の首に当て、

 

そのまま切り裂いてしまうのです・・・

 

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます!

 →まんが王国

「娘を売る街」で検索してみてください^^

 

「娘を売る街〜昭和の赤線」結末読んでみた感想

f:id:yumeko2016:20160929195810p:plain

 

ついに、復讐を果たした加恵。

 

しかしその過程は、とても辛いものでした。

 

偶然出会った松坂の息子・勇之進は、純粋無垢な若者。

 

そんな彼に、加恵も親しみを抱くようになります。

 

しかし、この出会いが、悲劇を生んでしまいます。

 

加恵が仕組んだことではありませんが、結果的に、復讐を遂げた加恵。

 

やがて彼女は花魁として、吉原の頂点に上り詰めます。

 

高下駄を履いて、街を練り歩く加恵。

 

その頬に、一筋の涙がつたうのです・・・。

 

とても悲しいお話でした。

 

読み終えて、深い余韻が残ります。

 

短編とは思えない、素晴らしい読み応えでした。

 

読んで良かった〜!

 

他にも、全部で4本の作品が収録されています。

 

どれもハズレのない、素晴らしい内容でした。

 

詳しい内容は、ぜひお手にとって確かめてみてくださいね^^

 

ここなら会員登録なしでも無料で試し読みできます♪

 →まんが王国

「娘を売る街」で検索してみてください^^

 

 

こんな記事も書いています

 

bisyuunodaiti.hateblo.jp

bisyuunodaiti.hateblo.jp